トップ > オリーブオイル > 北イタリア ピエモンテ州 > ピエモンテ州のオリーブオイル VEGLIO PIERO (ヴェリオ・ピエロ) Robur

ピエモンテ州のオリーブオイル VEGLIO PIERO (ヴェリオ・ピエロ) Robur

ピエモンテ州のオリーブ農家VEGLIO PIERO ヴェリオ・ピエロの
OLIO EXTRA VERGINE DI OLIVA "ROBUR"


ピエモンテ州モンフェラート地方 モンカルヴォの畑で栽培したオリーブから作られてる希少なオリーブオイルです。
オリーブの実は、収穫後、必ず12時間以内に搾油場に運ばれます。


アルバの高級食材店、国内外の高級レストランで取り扱われているピエモンテ産のオリーブオイルで、
国内外のメディアでも紹介されているピエモンテ州モンフェラート地方のオリーブオイルです。

このオリーブ農家のROBUR, EVENTOの2つのオリーブオイルは、地元のレストランでは使い分けられ

ROBURは、濃く輝きを持ったゴールドグリーン、エレガントで高貴な香り、ピエモンテ牛のグリルや穀類と野菜のスープの仕上げや、ピエモンテのチーズとともに時にはリグーリアから来る海の幸でマグロのマリネなどカルパッチョに使っています。
EVENETOは、澄んだ緑色を帯びた黄色でオリーブの青さや野の草などの純粋な香りでクルミの皮のような苦味を持ち、北のオリーブの特徴を持ちボディよりもエレガントさが際立っています。こちらは、地元では、野菜を使った前菜、また郷土料理であるピエモンテ牛のタルタルにも用いられていて、その他、魚介類や鶏肉を蒸したものや森のキノコのサラダ、ブルスケッタなどに使われています。

オリーブ農家Veglio Pieroの様子、画像は、Wine・Artのサイトでご覧いただけます。
http://www.wineart-piemonte.com/olive2.html

2012イタリアのグルメ専門の出版社ガンベロロッソ(Gambero Rosso)から優れた農家としてオリーブ農家が受賞。

2013年 オリーブジャパン 国際オリーブオイルコンテストでROBUR,EVENTOともに金賞を受賞しました。

ピエモンテ州から日本まで品質を保つために、
すべて空輸で輸入しています。

多くのポリフェノールを含んでいるため、出荷直後は、辛みが感じられますが
落ち着きまろやかなるまで、ステンレスタンク内でボトル詰めを待ちます。
Roburは、リグーリア州のオリーブオイル検査機関で、Roburは、
ポリフェノールが320.2/圓箸いΨ覯未でています

ピエモンテ州モンカルヴォよりオリーブ農家がミラノ マルペンサ空港まで
大切に運び、
空輸にて成田空港に到着。

2017年2月入荷しました。

産地 北イタリア ピエモンテ州 モンカルヴォ

商品名:エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル
オリーブの品種:
Leccino (50%), carboncella (25%), grignan (20%), leccio del corno (5%).
容量500ml

賞味期限2018年8月
商品コード : OPIR
製造元 : VEGLIO PIERO
価格 : 4,482円(税抜き4,150円)
エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル 品種:Leccinoの1種Carboncella, Leccio del Corno, Grignan  容量:500ml
ポイント : 40
数量
 

北イタリア ピエモンテ州

送料は、全国一律 1〜12本まで864円でお届けします。

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • 以前は、ブドウ畑であったモンフェラートの土地の気候を見て、必ずオリーブが栽培できると確信と情熱を持ってオリーブを栽培しているValentino Veglio(ヴァレンティーノ・ヴェリオ)さんは、トリノ大学で農業を勉強し、モンカルヴォでバスの運転手の仕事をしながら、オリーブの栽培をしています。オリーブの収穫時期の10月には、運転手の仕事のバカンス休暇を取って、オリーブの収穫、そして12時間以内にリグーリアまで運び搾油後、再びピエモンテの農場に持ち帰り、温度調節をしたステンレスタンクに保管します。

  • ピエモンテ州モンフェラート地方の標高232mの土地にあるオリーブ畑は、4ヘクタール1200本。この地方は、へーゼルナッツと白トリュフの産地としても有名です。近所には、ワイン農家、チーズ農家、ピエモンテのファッソーナ牛の家畜農家などあり、それぞれの小さな家族経営の農場が農産物を加工し、販売まで行っています。

  • 2013年 オリーブジャパン 国際オリーブオイルコンテストでROBUR,EVENTOともに金賞を受賞しました。